*直前募集*コラム*違いが生むストレス

*直前募集*

直前ですがお席に若干の空きがあります。

7/1 10:00~12:00 こまちカフェイベントスペース

大きなりんごの会【特別回】みんな違ってみんないい

https://ookinaringo101907.peatix.com/

リスニングママプロジェクトより、高橋ライチさんをお迎えして、

子供のこと。自分の事。

違いを認めた上共感して、思い通りにならない(共感できない)を、減らすことで目の前の問題への対処がわかる!

身につけられたら、対人ストレス激減の魅力的な講座を開催いたします。

残席がまだわずか残っております。ぜひご参加を!

*コラム*違いが生むストレス

発達障害を勉強していると、だいたい私にも当てはまる部分がある。

と、診断のでたことのない人でも、同じような体験や困りごとを挙げて下さることは多い。

少なからず、みんなそうなんだろうと、そう思う。

そして、私の年代やもっと上の年代の方には、子供のころ診断を受ける機会をもたないまま育ち大人になった方も多く、より「少なからずみんな」発言に繋がる。

ホントは、少なくなどなく、極端な偏りが生じている場合がある。

グレーだろうが、診断済だろうが、未診断だろうが。

極端な偏りは周りの人に理解が出来なかったり、イライラを誘る要因だったり、怠けに見えることすらある。

そしてつい口酸っぱくしてしまったり、強く当たってしまったり、迷惑そうにしたり。極端な偏りを理解することで、二次障害は減らせると思う。

当人に興味(愛情)があるなら、なぜ自分は当人にいら立ちを覚えるのか。

どうしたら、共感してすっと受け入れられるようになるのか・・・

当人を観察して、「なるほどねそんな気持ちでこうしているのね」と

なったら、お互いもっと楽になれるんじゃないかな~と思うのです。

そんなお話を、今回の特別回では致します。ぜひご参加を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です